ドキュメンタリーWAVE  シリーズ「中国の危険な食品」 第1回 安全を求めて立ち上がった市民たち   

ドキュメンタリーWAVE  シリーズ「中国の危険な食品」
第1回 安全を求めて立ち上がった市民たち
NHKBS-1 2014年11月8日(土)22:00~

中国の危険な食品はがき1本目

 

「中国の危険な食品」と題してドキュメンタリーWAVEで初めて行われたシリーズ企画。

第1回目は、中国の食品問題の現状を打破しようと、立ち上がる市民たちを追いかけた。中国の庶民が利用する市場。実は、最も多く問題の食品が見つかっている場所だ。浙江省杭州に、中国で唯一のある食品安全を専門にしているNGOキツツキ食品安全センター。その代表を務める李海市さん(33)は、毎週のように市場を回り問題の食品を摘発している。現場では、廃油を精製して作った「下水油」や違法な薬品で漂白された疑いがある干したユバや限度を超える農薬や化学肥料をまく農民たちなど、食品を生産・流通・管理する者の食品安全への意識の低さがあった。しかし、この問題を追いかけていくと、個人だけの問題ではなく、中国の貧困や格差などの社会背景が浮き彫りとなってきた。中国が抱える食品問題の解決をめざし格闘する市民の最前線をルポした。

 

ディレクター 何祖杰
プロデューサー 永野浩史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加