【作品案内】「聖火のキセキ」沖縄

4月からスタートした「聖火のキセキ」の沖縄県版です。

番組では、1964年に行われた東京オリンピックの聖火リレーの軌跡をたどり、各地で生まれた奇跡の物語にせまり、現代そして未来へとつながるレガシーを見つめていきます。

今回は、沖縄がその舞台です。

1964年9月7日 台湾から沖縄へと海を超えて渡ってきたオリンピックの聖火リレー。当時アメリカの統治下にあった沖縄を駆けめぐった聖火リレーには様々な物語がありました。

日本人で最初に聖火を受け取った聖火ランナーは、これまで沖縄では見たこともなかった驚きの光景に出会いました。

太平洋戦争での地上戦が行われた場所の1つである沖縄。戦争で亡くなった英霊に対して鎮魂の祈りで走ったある聖火ランナーの思いに迫ります。

そして、聖火リレーでの出会いから、スポーツで世界の平和を願い、今もウエイトリフティングの指導に情熱を注ぐ聖火ランナーも登場します。

最後に、沖縄発祥の空手と聖火ランナーの秘話からつながる東京オリンピックを目指す空手の若者たちにも密着します。

今回は、シドニーオリンピックで女子ウエイトリフティングに出場したオリンピアンの平良真理さんと共に沖縄でのキセキの物語をご紹介していきます。

「聖火のキセキ」沖縄
2018年10月27日(土)17:25~17:50 NHK BS-1

ディレクター  竹本和子
AD      安田佑介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加