【作品案内】NHKラジオ第1 年末特番「人工知能は社会をどう変えるのか~AI時代の幸福論~」

【番組内容】

次の世界経済をけん引する産業として、昨今、AI(人工知能)開発が激しさを増している。私たちの身の回りにもiPhoneの音声認識機能や自動車の自動運転、AIスピーカー、顔認証システムなど、既に様々な家電や電子機器、サービスが出現し実用化されているものもある。ビッグデータを解析し最適化した答えを出すAIは、人類に多くの利便性と効率化をもたらすと言われる一方で、人類が時間をかけて進化してきた中で獲得してきた思考力や社会性にどのような影響をあたえるのか、懸念も出ている。
番組では、日進月歩するAI技術の最先端を紹介しながら、“人間の暮らしはどう変わるのか”について各分野の著名人を招いて議論したラジオ番組。

(出演者)
〇上田修功(うえだ なおのり)
理化学研究所革新知能統合研究センター副センター長、工学博士
理研の人工知能研究の3本柱の1つである「深層学習とその応用」を研究する23チームを束ねるグループ長。専門は、深層学習の他に「AIを防災に生かす」研究。
文部科学省科学技術学術審議会メンバー

〇森正弥(もり まさや)
楽天技術研究所代表。楽天が世界5か所に設置している研究所を統括する。楽天株式会社執行役員。日経BPが選んだ「世界を元気にする100人」、日経産業新聞が選んだ「若き40人の異才」に選出。ビッグデータを扱う日本のトップランナー企業の先導者でもあり、日本のAIビジネスの先駆的役割を期待されている。

〇山極壽一(やまぎわ じゅいち)・・・進行役
京都大学総長 日本学術会議会長
専門分野人類学 生態環境生物学 理学博士
世界的に知られるゴリラ研究の第一人者。霊長類(主にゴリラ)を通じて人間の進化を、特に「人間らしさ、人間社会とは何か」を考え続けている。京大総長として、日立製作所との産学連携を行うなどAI活用の重要性も認識している。

(放送概要)
NHK
ラジオ第1放送 年末特番「人工知能は社会をどう変えるのか~AI時代の幸福論~」
20171231日(日)8:058:55(第1部) 9:059:55(第2部)

担当ディレクター 永野浩史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加