荒俣宏トラベルミステリー『ドン・キホーテ400年目の真実』放送のご案内

放送のご案内です。

2016年は小説『ドン・キホーテ』の作者セルバンテスの没後400年目の年。
荒俣宏さんが、セルバンテス縁のスペインを巡ります。

『ドン・キホーテ』という小説は聖書の次ぎに売れた本と言われています。
風車を巨人と間違えて戦いを挑む場面は、とても有名ですが
実は本を最後まで呼んだと言う人が少ないと言う珍しい小説でもあります。

作者のセルバンテスに至っては、その人物像はいまだ謎が多く
いまでも盛んに研究が行われています。

そんな謎を追いかけて旅をするのは荒俣宏さん。

小説家であり、ヨーロッパ文化特に中世ロマンスに精通している荒俣さんが
セルバンテスがドン・キホーテを出版、終の住み処があるマドリードから
小説の舞台となったラマンチャ、セビリアまで500kmを越える道のりを旅しました。

スペインの魅力がたっぷりつまった2時間番組。

是非ごらんください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加