ごあいさつ

21世紀は、「アジアの世紀」と言われています。

アジアは、巨大な人口を抱え、世界最大の市場が広がり、豊富な資源を有し、多様な民族や文化が溢れ、そして各宗教が混在しています。
最近のアジアの勢いは、中国、インドなどの成長で分かるように顕著に表れています。
また、アジアのリーダーとして走り続けてきた日本は、これまで培った様々なノウハウが各国で利用され、その成長を支えています。

一方、手放しで喜んでばかりいられないことも事実です。
地域や民族の紛争、環境問題、貧困などの格差社会の広がりなど、解決せねばならないことも多くあります。
そして日本は、羅針盤が壊れたかのようにあてもなく漂流を続けている状態です。アジアの中でどのような役割を担おうとしているのかも定かではありません。

アジアドキュメンタリーセンターは、今や世界の中心になり始めたアジアにスポットをあて、この地域で起こっている物事をしっかりと冷静に見つめていこうとしています。
そして、「映像」という強力なツールを使い各国や地域、各民族、各文化の相互理解を深めることで、アジアのさらなる発展と平和に貢献していきたいと思っています。

代表取締役 / President
永野 浩史

董事长致辞

21世纪,被称作“亚洲的世纪”。
亚洲人口众多,资源丰富,市场规模世界最大。这片大地上孕育出多姿多彩的民族和文化,共生着各种各样的宗教。众所周知,近年中国、印度等国的发展日新月异,亚洲经济发展势头迅猛。同时,作为亚洲领头羊的日本长期以来所积累的各种经验被各国借鉴,成为亚洲的经济发展的支柱。
但是,现在还不是放开手脚沾沾自喜的时候。地域民族纷争、环境问题、贫富差距等一系列深刻的问题还仍然存在着。日本,就像一搜坏了罗盘的船只漫无目的漂流。在亚洲这个大家庭里,日本应该承担什么的责任,没有明确的方向。
亚洲纪录片中心时刻关注着正在慢慢发展成为世界中心的亚洲,冷静分析发生在这片大地上的事情。我们用“影像”这一强有力的武器,增进各国、各地区、各个民族、各种文化间的相互理解,为亚洲进一步的发展与和平贡献力量。

董事长 永野浩史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加